プロピオン酸

短鎖脂肪酸の一種で、Prevotella属[1]、Bacteroides属[2]、Veilonella属[3]などの腸内細菌によって産生されます。乳酸やコハク酸などが腸内細菌によって産生された後、さらに腸内細菌によって代謝されることで産生されることがわかっています[1]。プロピオン酸は耐糖能改善効果[4]や肥満抑制[5]、免疫機能の向上[6]など様々な健康効果をもたらすことが知られています。また近年では、プロピオン酸に特異的な健康効果として、持久力の向上につながることが報告されています[2]。

参考文献

[1] Louis and Flint. 2017. Environ Microbiol. 19(1):29-41
[2] Morita et al., 2023. Science Advances. 9(4): eadd2120
[3] Scheiman et al., 2019. Nat Med. 25(7):1104-1109
[4] De Vadder et al., 2014, Cell. 156(1-2): 84-96.
[5] Chambers et al., 2015, Gut, 64(11): 1744-54.
[6] Chen et al., 2020, Nat Rev Immunol, 20(7):427-441.

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

今週も最後までお読みいただきありがとうございます!記事は毎週月曜日更新。次回の記事もお楽しみに!